若葉 株式会社アルン > 若葉 会社概要

作物

企業理念

健康・安全・新鮮・低価格をいつでも提供し、食を通して日本の未来に安心と希望を届ける

当社は国内での生産・消費「地産地消」を目標とした事業の展開を行っております。かつてより消費者の観点から衣・食・住の中でもっとも関心が深く、気苦労しているのは“食”です。近年では「安全」であることが大前提とされているにも関わらず、消費者はサラリーバランスから安全であることよりも、低価格を優先しているのが現代における食の実態です。当社は“食”を探求した結果「健康・安全・新鮮・低価格を何時でも提供出来る」をコンセプトとして企業構築を行い成長企業に発展させ、日本の農業の未来に希望を持たせる生業を目的とします。

代表挨拶 代表挨拶

きっかけは父の
「他人に値打ちを決められるのは、情けない」
という思い

代表

きっかけは父の「他人に値打ちを決められるのは、情けない」という思い

平素より、弊社にご支援をいただき、厚く御礼申し上げます。
弊社では「国内の食糧事情と農業経営」について研究を行い、農業経営がフェードアウトしている実態を知り得、弊社としては微力ながら現状に則した農業経営を行い『農業の流通を変える』をテーマとして本事業を立ち上げる事と致しました。
発端は農業をする父がぽつりとつぶやいた一言でした。生産者が最高の米を作っても、自信満々の野菜を育てようとも、市場では仕入れの個数や相場によって、他人に値段を決められるのが農業社会。そんな状況に対し、農家である私の父が「他人に値打ちを決められるなんて、情けない」とつぶやいたのです。これをきっかけに農業の当たり前と化している社会に対して、疑問を抱くようになったのです。

これからのアルンについて

少子高齢化・デフレスパイラル・消費者価値観の多様化・モノづくりの海外展開が加速している国内環境の中、企業としての生業も極めて厳しい経済情勢と言えます。日常生活においての根幹は健康であるということは言うまでもありませんが、収入が必須であるものの、この様な環境下においては、農業に対する職業選択の余地も無く高収入・収益向上は将来を見据えても困難極まりない状況にあります。

このように食を支える農業は危機的状況にあります。我々は多くの農業人を育てるために、経営全体の「体系」を変え「質」を高め、多くの農業人で食を支えていきたいと考えております。農業の現場を担う方々との信頼関係を大切にしながら、情報交換を行い技術革新や制度改革の進む農業の発展に貢献できる企業であり続けたい―。これが、私たちアルンの想いです。

株式会社アルン 代表取締役社長 橋本 正幸

ビジョン ビジョン

1

「国給国足」による食の安定を目指します。

「国給国足」による食の安定を目指します。

海外からの葉物野菜を100%阻止し、これまでの「流通システム」の改革を行い、幅広い雇用形態を達成し、消費者に「健康・安全・新鮮・低価格」を約束します。

2

食と農を通して「社会福祉」へ貢献します。

食と農を通して「社会福祉」へ貢献します。

弊社では水耕栽培と福祉を融合することで女性・高齢者・障がい者の雇用創出に努め、生産する喜びを提供致します。現代に合う新しい方法で次世代へ継ぐ農業の基盤を創り上げることを使命とします。

社会福祉への貢献女性にも気軽にできる農業を食育・教育への取り組み

事業内容

事業内容

生産

「土で手が汚れない」「高価な農具や重労働が無い」「生業とはならない葉物野菜の耕作を誰でもができる」
こんな農業、考えられない!と思われる方がほとんどでしょう。それ故、農業はこれまで「男性社会の1つ」として見なされていました。しかし水耕栽培のように作業を極めてシンプルで、誰でもどこでも取り組める新たな農業は、継続的かつマイペースに取り組めるメリットがあり、女性や高齢者、障がい者にとって理想的な仕事のひとつになり得ます。

販売・飲食

飲食店舗の運営やイベントでの店頭販売を行うことで、地産地消・国産国消に「みずみず野菜 旬栽」が取り組んでいます。「べじたべる鍋 旬菜」では、水耕栽培で育てた採れたて葉物野菜の本来の美味しさをお客様に味わっていただくため、農業を知るプロフェッショナルが、生野菜やこだわりの鍋料理でご提供しております。

教育・雇用

学校や施設にて生産者・消費者の関わり合いや食の尊さを学ぶ食育活動も行っております。また農業を調理する女性の視点での耕作や、社会福祉のため、継続就労支援B型施設を利用する障がい者と「どこでも、だれでも、いつでも出来る農業」を行っています。重労働が無く手や腰を痛めないのでリタイアされた高齢者の方や、女性の方、障がいのある方でも農業人として働くことができます。

株式会社アルン

電話番号
072-813-3581
住  所
大阪府大東市新田中町4-3
営業時間
10:00~18:00
メ ー ル
marki3329@dsk.zaq.ne.jp
定 休 日
日曜日・祝日